早いもので、今年も今日で終わりです。
そこで今年最後のブログは、
プライベートで起きた
令和3年三大ニュースをお届けします。

最も大きく、最も長く尾を引いたのは
「母親ゴタゴタ事件」です。

私の母はそれまでは埼玉で
一人暮らしをしていました。

しかし認知症の症状が現れ始め、
一人暮らしの限界を感じたため、
昨年の6月に彦根に連れてきて、
サービス付き高齢者向け住宅に
入ってもらいました。

ところが、
そこでは暴れるわ、
夜中に脱走して警察沙汰になるわ、
他の人の部屋の戸を叩きまわるわ、
骨折するわで、もう大変でした。

結局、そこは退所せざるを得なくなり
近くの病院の回復期リハビリテーション病棟に
入院することになり、
そのまま年を越して今年になりました。

その病院も3月には退院、
新たなサービス付き高齢者向け住宅に
入居しました。

もともとしゃべりにくさがあったのですが、
認知症が進むにつれて
それがさらに進行し、
今度は「あ~あ~」とわめくことが
多くなってきたのです。

そんな状態のため、
周りの人から苦情が出るようになり、
結局、新しく入ったところも
4か月で退所となってしまいました。

この頃から、
しゃべれなくなったのに加え、
飲み込みもうまくできなくなり、
食事も食べられなくなってきました。

いくつかの病院や施設を転々としながら、
11月6日に認知症病棟のある病院に
入院しました。

ところが、その頃には
飲み込みがほとんどできなくなっており、
食事も全く摂れない状態でした。

この数カ月でだいぶやせたなとは
思っていましたが、
実際、50㎏以上あった体重が
30㎏にまで落ちていました。

食事が全く摂れなければ
当然亡くなるのは時間の問題です。

そうであれば最後は私が看取ろうと思い、
11月17日に私が働いている病院の
緩和ケア病棟に
入院してもらうことにしまいた。

亡くなったのは11月28日でしたが、
当日は日曜日だったこともあり、
ずっとそばにいてあげられたし、
それだけでもよかったかなと思います。

88歳でした。
十分長生きだったと思います。

今年一年は
母親にだいぶ振り回された感が
ありましたが、
正直、これでホッとしました。

ここでは書ききれない
数々の問題やトラブルがありましたが、
まあ、これですべてが終わりましたので、
あとは安らかに
眠ってもらうことにしましょう。

さて、二つ目の大事件は
「私の腎臓、ヤバいぞ事件」です。
これは私にとって結構深刻な問題でした。

数年前の血液検査で
腎機能がやや低下気味であることを
たまたま知りました。

以来、採血をするたびに
腎機能をチェックするように
なっていました。

GFRという腎臓の働きを表す
検査値があるのですが、
この値が60を割ると腎機能は
軽度~中等度低下ということになります。

さらに45を割ると中等度~高度の
腎機能低下であり、
30を割るとそろそろ人工透析のことも
相談しましょうかというレベルです。

私の場合、
50台を何とかキープしていたのですが、
4月の採血で何と40台になってしまいました!

これには楽観的な私も
さすがにショックを受けました。
このままいくと最悪、
透析になる可能性があるからです。

一時は食事療法なども考えましたが、
まずは腎臓内科の先生と相談し、
尿酸値を下げる薬を飲むことになりました。

ご存知のように?
私は、薬が嫌いなので
ほとんど薬を飲んだことはありません。

もちろん尿酸値が
高めであることも知っていたので、
運動をすることで何とか下げようと
頑張っていたのですが
なかなかうまくいきませんでした。

今回、腎臓の働きが悪くなったことで、
これは自分で頑張る限界だと堪忍し、
薬を飲むことにしました。

また血圧も140を超えており、
高血圧も腎臓に負担をかけるということで
降圧剤も勧められましたが、
まずは尿酸の薬のみで
様子を見ることにしてもらいました。

その後、尿酸値は正常になり、
高めだった血圧も
運動をし、体重も2㎏減らすことで
130前後と正常値になったため、
降圧剤は飲まなくてすみました。

肝心のGFRも54まで回復、
まあ、今のところなんとか悪化するのを
阻止できている感じです。

これで少々安心したこともあり、
飲み食いも今までと同様にしています。

先日のYouTube生配信の日は
少々?飲み過ぎてしまい、
相変わらず反省のない日々を送っています。

でも、腎機能の方はこれからも
ずっと経過を見ていかないといけないので
油断は禁物です。
わかっているじゃないですか、黒丸君!

なお、母親の、亡くなる一か月前の
採血データを見たのですが、
GFRが何と70台もあるではないですか!

死ぬ直前の88歳の母の方が、
62歳のまだバリバリ?の息子よりも
腎機能がけた違いにいいなんて、
これはこれで、
また違う意味でショックでした。

三大事件の最後は
13年?飼っていた犬の「クー」が
7月22日に亡くなったことです。
以上。

もう少しまともな振り返りは
1月3日のブログで書くことにします。

それでは皆さん、よいお年を。