前回紹介した
オープンダイアローグのセミナーの前半は、
心理療法でクライエントがよくなるための要因に
ついての講義でした。

この話はとても興味深く聴かせてもらいました。
と言うのも以前、仲間と一緒に訳した
「心理療法・その基礎なるもの」という本の内容と
今回の講義はかなり関連していたからです。

この本は、問題が解決し、
クライエントがよくなるのは、どのような要因が
関与しているのかということについて
述べられたものでした。

そこではランバートが行った研究について
触れられており、
それによると人がよくなるのは、
1,クライエント要因(40%)
2,治療関係要因(30%)
3,期待感や希望(15%)
4,技法要因(15%)
の四つだと言うのです。

これが意味するところは衝撃的でした。
なぜならば、今までは
認知行動療法や精神分析療法、
ブリーフセラピーといった、
技法(療法)がクライエントを癒し
問題を解決していたと思っていたのですが、
それによってよくなったと考えられるのは
実は全体のたった15%だというのです。

つまり、どんな療法であれ、
85%の部分は治療以外の部分で
よくなっているということです。

さらに言うならば、クライエント要因、
つまりクライエントが持っている
能力や才能、経験、人間関係、
家庭環境、生活環境といった、
治療とは直接関係ない要因によって
よくなると考えられる部分が40%と
最も影響力が大きいという結果でした。

心理療法のテクニックで
患者さんを治すということにとても興味を持ち、
その視点から日々治療に当たっていた私には、
このデータは本当に衝撃的でした。

ところが、今回の講義で聴いた話は
もっと衝撃的でした。

先のランバートが示したデータは、
実は根拠が曖昧だとの指摘が多くなされたため、
新たに調査し直した結果をまとめたものを
紹介してくれました。

それを見ると、
40%だったクライエント要因が、
何と86%になっているではないですか!

それ以外の様々な要因は
残りの14%に含まれてしまうというのです。

先のデータの分類と多少異なりますが、
その内訳を見てみると
信頼関係要因が36~50%
セラピスト要因が36~57%
フィードバック要因が21~42%
技法そのものの要因は7%
技法を使って説明することの要因が28~?%
となっていました。
(On Bicoming a Better Therapist:
Evidence-Based Practise One Client at a Time
2014.Barry Duncan 2nd Editon)

これらは全て独立した要因ではないため
お互いが重なっている部分はありますが、
それにしても技法そのものによる効果が
たったの7%というのには驚きます。

これは全体の14%の中の
7%という意味ですから、
全体からすると
たったの1%ということになります。

いかに技法そのものの効果は
ほとんど関係ないかということがよくわかります。

重要なのは、技法そのものではなく、
それを使うセラピストの雰囲気や態度、自信、
説明やフィードバックの仕方、
そして、そんなセラピストとの
やりとりで築かれた信頼関係といった要因の方が、
圧倒的にクライエントの改善に
影響するということです。

そうは言っても、その影響も
全体からすると13%程度です。
いかにクライエント自身が持っている力が
大きいのかがよくわかります。

よく、病気にせよ悩みにせよ
それのを治したり解決したりするのは
自分自身だと言いますが、
まさにそのことを
如実に表したデータだと思いました。

皆さんはこのデータを見て
どう思われましたか。