今年の9月24日(日)に京都のロームシアターで
ホリスティック医学協会30周年記念シンポジウム
『脳と潜在意識でいのち☆きらめく
~自分らしい人生を健やかに生きる』を開催します。

今回は講師陣がなかなか決まりませんでしたが、
ついに4人すべての顔ぶれが決定しました。

茂木健一郎(脳科学者)
メンタリストDaiGo
奥平亜美衣(作家、『「引き寄せ」の教科書』著者)
帯津良一(日本ホリスティック医学協会名誉会長)
http://www.holistic-kansai.com/2017sympo/
なかなかの豪華メンバーでしょ!

今まで2年に一度関西でシンポジウムを
開催していたのですが、
その際も河合隼雄、江原啓之、
五木寛之、心屋仁之助など、
大物をお迎えしてのシンポジウムを
開催していましたが、
今回ほど講師の決定までに時間がかかり、
手こずったことはありませんでした。

今回は30周年ということもあり、
これからの未来に希望や喜びが持てるような、
そんなシンポジウムにしたいという
思いが漠然とありました。

そのためには思いや脳、潜在意識といった
心に関連のあるテーマを選び、
その分野における第一人者を演者して
迎えたいと考えていました。

実際には、この4人以外にも
たくさんの候補の名前が挙がりましたが、
スタッフで何度も話し合った結果、
最終的にはこの4人に絞られました。

ただ皆さん多忙な方ばかりでしたので、
はたして9月24日の日程が空いているか、
それ以前にホリスティック医学の
シンポジウムに来て頂くことができるのか、
そのあたりが甚だ不安でした。

最初に講演を引き受けてくださったのは
奥平亜美衣さんでした。
私も潜在意識にはとても関心がありますし、
その流れで引き寄せの法則やその考え方にも
興味がありました。

奥平亜美衣さんの本を何冊か読ませて頂き、
ぜひこの方に来てもらいたいと思い、
早速連絡を取らせて頂きました。

すると驚いたことに、
本人から直接お返事を頂き、
以前からホリスティック医学には
関心があったのでということで
すぐさま快諾して下さいました。

普段はバリに住んでおり、
日本をはじめ世界中を忙しく飛び回っている
亜美衣さんですから、
日程も含めどうかなと心配していたのですが、
思いのほかすぐに講演を引き受けて頂け、
本当に嬉しかったです。

また茂木さんも人気者で、
たくさんの講演依頼があるため、
なかなか決まりませんでした。

マネージャーを通して
何度かメールを出すうちに、
あまりご期待に添えそうにないので‥
といった消極的な返信が来るようになり、
これはかなりまずい!と思い、一生懸命足を運び、
手紙を書き、思いを伝え、メールを送った結果、
ついに講演を引き受けて頂いたというわけです。

そして最後はメンタリストDaiGoさんです。
実は、私は昔からメンタリズムに興味があり、
DaiGoさんの本もたくさん読んでいましたし、
まだパフォーマーとして活躍していたときは、
ショーを見に行ったこともありました。

ですから、今回の記念すべきシンポジウムには
是非来て頂きたいという思いがずっとありました。

しかしこちらも例外にもれず、
特に9月は繁忙期なのだそうで、
最後の最後まで交渉は難航しました。

しかしこちらも粘り強く待ち、
準備の関係上、もうこれ以上待てないという
ギリギリのところまで粘った結果、
ついに講演を引き受けて下さいました。

本番まであと半年という時期まで
演者が決まらなかったというのは初めてです。
正月も、そのことばかりが頭にあり、
モヤモヤした日々を送っていたのですが、
それだけに、すべての演者が決まったときの
うれしさは格別でした!

でも本番はこれからです。
シンポジウムに来て頂いた方々が
新たな気づきや喜びを見出し、
よりホリスティックな生き方ができる
きっかけになるような、
そんなシンポジウムにできたらと思っています。

9月24日(日)、是非今から
予定を入れておいて下さいね。
遠方の方は、ホテルの予約も
今からしておいて下さいね。
京都市内はすでにホテルの予約が
取りにくくなっています。
穴場は、大津以北のJR沿線沿いのホテルです。

30周年記念シンポジウムで、
みなさんの笑顔と出会えることを
楽しみにしています!!