みなさん、
あけましておめでとうございます。
早速ですがホリスティックヘルス塾のお知らせです。

私がホリスティック医学という言葉に出会ったのは
約30年前の大学時代です。
当時はニューサイエンスに夢中になっており、
関連本を色々読んでいました。

それらの本の著者の講演を聴きたい、
著者に会ってみたいと思うようになり、
手紙を書いたり会いにいったりしていました。

そんな積極的な行動が功を奏したのか、
当時ホリスティック医学という言葉を
日本に紹介していた翻訳家の上野圭一さんと
お会いすることができました。

上野さんに誘われて行ったのが
ホリスティック医学協会の前身である
ホリスティック医学研究会が主催する
第1回目の集まりでした。

このときに見たホリスティック医学の定義に
自分が今まで漠然と思っていたことが
見事なまでにまとめられているのを見て、
感動すると共に、
自分がめざす医学はこれだ!と思ったのを
今でもはっきりと覚えています。

ホリスティック医学の定義とは
①ホリスティック(全的)な健康観に立脚する
②自然治癒力を癒しの原点におく
③患者が自ら癒し、治療者は援助する
④様々な治療法を選択・統合し、
 最も適切な治療を行う
⑤病の深い意味に気づき自己実現をめざす

ホリスティック医学に目覚めてから早30年、
考え方やとらえ方は当時とは変わってきましたが、
ホリスティック医学に対する思いは、
今も変わらず持ち続けており、
それが27年間の関西での活動に
つながっているのだと思います。

ただホリスティックという考え方を
医学に限定してしまうと、
病気の治療が中心となってしまうため、
どうしても医療者や患者さんが
中心になってしまいます。

そうではなく、ホリスティックな視点を
もっと広く多くの人に知ってもらうためには
健康やライフスタイルを
ホリスティックな視点から考える
ホリスティックヘルスという概念が
必要になってきます。

そのためホリスティック医学協会では
平成27年からホリスティックヘルス塾を開催し、
一人でも多くの人に
ホリスティックな考え方を知ってもらい、
それを自分の健康やライフスタイルに
活かしてもらおうという企画を始め、
今回私も講師として
皆さんにお話しをさせて頂くことになりました。

日時は、平成29年1月15日(日)10時からで
場所は京都のアスニー山科です。

私が最初にホリスティックに触れたときの感動が
皆さんにも伝わるような内容になっています!

最初に20分弱のDVDを見ていただきます。
ホリスティックの意味や考え方がわかりやすく
まとめられています。

その後はテキストを使って私が講義をします。
DVDを見る時間を含め2時間程度の講義なので
全体を簡単に触れる程度ですが、
それでもホリスティックの考え方については
ある程度理解して頂けると思います。

講義の内容は
「ホリスティック」という言葉の意味
ホリスティックヘルス運動の歴史
人間まるごと・地球まるごと・宇宙まるごと

自然治癒力の考え方
ボディ・マインド・スピリット-3つの全体性
環境や人とのつながり

呼吸はいのち、すべての基本
ヨガ・気功・太極拳
「たべたもの」が「いのち」を養う
心の健康-癒しとつながりの視点から考える
等々といった感じです。

ホリスティックな視点や健康観を整理するには
もってこいの講座なので
興味のある方は是非おいで下さい。

なおこの「基礎講座」を受講され、
ホリスティック医学協会に入会すると
「ホリスティック・ピープル」になれます。

その後は本人の希望により
インストラクター研修を受けることもできますし、
それの合格すれば
ホリスヘルス塾「基礎講座」を
開講することもできます。

ぜひ、皆さんもホリスティックへの理解をふかめ、
より多くの人にホリスティックな視点の重要性を
伝えていこうではありませんか。

それではまた皆さんと会場で
お会いできるのを楽しみにしています。
詳しくは
ホリスヘルス塾「基礎講座」講師黒丸尊治
ご覧下さい。

なお午後からは
ホリスティックコミュニケーション
特別体験セミナーも開催いたします。
よろしかったら、こちらもどうぞ。
 →詳細はこちら